読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEOする時のキーワードの選び方・使い方(ネットショップの場合)

これね、みんな勘違いしてるんだよね。

一般のサイト運営者さんとか、企業のWeb担当さんとか、どこから聞いてきたのか、間違ったSEO対策の知識がしっかり定着しちゃってて、何でだろう?とよく思う。

 

多分、古くはGMOとかフルスピードとかレッドゾーン(現clover)とかヴォラーレとかネクサーとか、その辺の営業が言う事を間に受けちゃったんだろうなぁー。

 

って事で。

ネットショップのSEOキーワードの選び方の具体的な話

まずは商品名

これは当然です。

これが無いと意味が無いと言うか、商品名の付け方も変わってくるからちゃんと考えないといけない所。

で、たくさんの種類を扱ってるネットショップなら、商品数が多い物からキーワードを選んでいくのが重要っす。

そのネットショップは主に何を売ってる店なのか、出来れば全商品に絡められる大きい範囲で、しかも検索される言葉で、くくりを作るのがお勧め。

そうすると、Google先生の方でも「あ、このネットショップは○○を売ってるサイトなんだな」って理解してくれます。

 

続いて店舗名(<title>でも)

これは、ただ【○○屋】みたいにやっても意味が無いっす。

たまに店舗名とかにものすっごいこだわりを持ってる人を見受けるんですが、間違ったこだわりは糞の役にも立たないので、今すぐ捨てた方がいいです。

少なくともWebの世界では。

職人として自分1人で仕事をしてて、自分の商品の本当の良さが分かる人だけに買ってもらえればいい!!

って言う奇特な方であれば、そもそもネットショップなんて作らないですし、たくさんの人に見て欲しい、買って欲しいと言うのであれば、不要なこだわりを捨てる所からです。

で、さっき【商品名】の所でGoogle先生から「このネットショップは○○を売ってるんだな」って評価されるって話をしたと思いますが、それを絡めるといいっす。

 

ダメな例)

ドレスの通販 ○○ショップ

プリティーなフリルであなたもお姫様 デザイナーズドレスショップ○○

 

みたいなのはですね、シンプル過ぎたり無駄なキーワードだったりがモリモリ入ってて、ほんとどうしようもないですね。

店舗名ですよ。

店の顔ですよ。

そこに自ら泥塗ってどうすんですか←

どこの誰が「プリティー」とか「お姫様」で検索するんすか。

あ、「お姫様」は子供服系のお店なら、ちょっとあるかもしれないな。

 

で、例えば、これを変えるなら

ワンピースやボレロがかわいい女性向けドレス通販ショップの○○○

 

みたいなですね、キーワードをいい感じに絡めた店舗名を考えなさいよ!と。

言いたい。

あ、ここは別に<title>に入れてもいいんじゃないかなと。

で、トップがこういう感じに作れれば、カテゴリーも作り易いし、キーワードは入れ易いと思うんすよね。

 

あんまり細かく言って、みんな出来るようになると仕事が無くなっちゃうんでこれくらいにしますけど。

 

最後にカテゴリーページ

カテゴリーページはですね、これもキーワード絡めましょうね。

トップ===ワンピース

   |==ボレロ

   |==ドレス

   |==子供向け

 

と、ただ当たり前のように作るんじゃなくて、例えばですけど

トップ===かわいいワンピース

   |==子供向けワンピース

   |==ボレロ

   |==子供用ボレロ

   |==結婚式用ドレス

   |==パーティー用ドレス

   |==子供向けドレス

 

それぞれの用途別にカテゴリーを分ける事で、より選びやすく、キーワードも入り易くなるんですよね。

ちょっと何で知識そんな無いのに例をドレスとかにしたのか、軽く後悔してるとこですけども。

 

さらに、サイズ別とか、用途別、金額別でのカテゴリーグループを用意して。

別の固定ページでドレスの選び方、着こなし例、購入時の注意、どんな形で届くのか、利用者の声、等々を作っていければ、キーワードを入れやすいページがどんどん作れると思うんですよね。

 

そしてそれがSEO効果も高めて、さらにアクセスを呼び込んで行くと言うステキスパイラルに突入するんですけど。

 

今からサイトを作るとなると、もう少しロングテールのキーワードを用意しないといけないと思うけど、基本的にはこんな感じでキーワードを選んでいくといいと思う。

 

とりあえず、ビッグキーワードだから無理とか、スモールキーワードにしないと上がらないとか、そういう事じゃなくて、実際にお客さんが商品を探す時にどんな言葉を使うか?って考えて選んでいけば、それでいいんすよ。

結果として順位があるだけなんで。

先に順位ばかり見てると、失敗するよ。

特にこれからは。

 

以上~♪