SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEOでのキーワード見込み

これよく聞くんですよね。

見込みって何だろう。

何で比較したらいいんだろう。

 

うちらの業界では、KPIを定めるのも難しいって言ってて、SEO対策のみでの目標設定とか効果測定って本当に難しくて、一口に見込みとか言われたって分からんのですよ。

※成果保証とかなんなんですかね。

 

SEO対策で対策をするにしても、お客さんの要望や契約次第で、作業する量は変わるし、お客さん自身にも例えばドメイン内でブログを書いてもらったり、サイトを更新、新コンテンツの追加とかをやってもらわないといけないので、そういう提案やアドバイスもするんですけど。

そういう頑張りを、「自分が頑張ったんじゃないか」と言って、業者に依頼したSEO対策の評価として認めてくれなかったりするんですよ。

 

そーなると、そういう事を考慮せずに見込みを立てようとすると、もう内部をどれだけいじれるか、って所になっちゃって。

すでに付いているPR(ページランク)と、トップページに出てるサイトのページランクの比較とかから始まり、ヘッダー内の各情報をどれだけ入れられるか、ページ数とインデックス数、類似ページの有無とか内部リンクと外部リンク、等々をひたすら調べていかないといけないし、そういうのを全部やっても1ページ目にどうやっても届かないサイトとかあるじゃないですか。

 

となると、見込みはありません。って答えるのかと。

そうも言えないのが悩み。

 

 

そこを何とかしろよって言う気合で何でも解決してきた(と思ってる)人から文句言われたりすると、もう怒りしか湧いてこない。

 

あーもう。

そんなにキーワードの順位とか見込めるかーい\(^O^)/!!

 

まず、「ユーザー目線」って言葉を調べて来い。

そんで、デザインを綺麗にしてくれ。

パッと見て、おっ!っと思うようなデザインですよ。

少なくとも、見た瞬間に戻るボタンを押されるようなサイトじゃダメなんです。。。

 

直帰率(離脱率)はどんどん下げて行こう。

それがSEOにもいい方向になるから。

 

てか、Webマーケティング全般に言える事だけどさ。。。

広告を非表示にする