SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEOやってます。の意味

SEOをやっているかやっていないかの境界があやふやになっている気がする今日この頃。

 

やってますって言う人は、SEOと言う概念、施策等に着目して、順位を上げる事を目的として対策を打っていると言う事になるかと思うんですが。

それだけで上がるかって言われるとちょっと疑問だし。

SEOをすると言う事は順位を上げると言う事の必要条件でも十分条件でもありながら、どちらでも無いような状態。

うーん、難しいから具体例を出してみる。

 

SEO対策やってる

SEO会社に依頼してお金を払ってリンク付けてもらって、タイトルとかデスクリプションとかの修正書みたいなのを貰って、自分で直して。。。

って言うのを「SEOをやってます」って言う事の根拠にしている気がします。

 

SEO対策やってない

これは分かります。

外注業者にも依頼してないし、被リンクも付けようとしてないし、社内でも分かる人がいないんで、SEOについて特に何かをやっていると言う感覚が無い。

そういう事だと思います。

 

 

でも、これだけで考えると、順位が上がるか上がらないかと言うのは、SEO対策をやってるかやってないかと言う所と相関関係はあんまり無いんじゃないかなと思うんです。

 

SEO対策やってても、順位が上がったり下がったりしますし。

対策をしてなかったとしても、上位表示が出来たり全く上がって来なかったり。

 

SEO対策について、コンサル会社とか、大手にドカンとお金払ったりしてサイトの構成からコンテンツからターゲティングとかなんやかんや全部まるっとやってる所はこの際除外します。

だって、それだけやって上がらなければ。。。

じゃあ何が違うの?

SEO対策をやっているって言ってる人達に多いなって思うのが

  1. どの業者に
  2. いくら払って
  3. どのくらいの期間やってるか

を内部での評価指標だと、何となく感じている人が多い気がします。

これだけで考えると、上がるか上がらないかは不明ですね。

短い目で見れば上がるかもしれないけど、元々のサイトで提供している情報・商品・サービスの価値が相対的に上位に該当する物じゃないと、中長期で考えて大体落ちて行きます。

そうすると、SEO業者には為す術がありません。

残念ですが。

業者変えても、料金高くしても、長期間我慢(笑)しても、変わらないっす。

 

逆に、SEOやってなくても、

元々のサイトで提供している情報・商品・サービスの価値が相対的に上位に該当する物

であれば、自然と上がってきます。

もちろん、短期でバーンと上がってくるのは難しいと思うけど、それも市場や認知次第なんで、SEO以外の方法でなんとか出来る気がします。

むしろ、普通に営業してる会社であれば中長期的にジワジワ上がってくると思う。

 

 

SEOやってなくて、サービスの質も低ければどうしようも無いですがね。。。

 

こうやって考えると

内部対策や外部対策に高いお金払って頑張ってる

検索順位が上がった、下がった、と言う結果

と言う2つの事象の繋がりがすごい弱いなぁ。。。って思うようになったんですよね。

 

最近はソーシャルメディアの影響もあり、SEOをやってなくても、愚直に自分の商材・サービスを高める事に努めれば、それが一般に広まり易くなっているとも思うんで、何とかなってしまう気もしますし、SEOをやっててお客さんに話す時も、商材力を高めるような提案もしているし、上記を含めたアドバイスとか、色々しますからね。

 

最終的に、商材力が物を言うのは間違いないので、いくら銀座の一等地で店を出そうが、売れない物は売れないんです。

 

あぁ、なんか身もふたもない結論に。。。

 

と言う訳で、今後はますます、SEOをやっている、やっていないと言う2軸の距離が近くなっていって、それ以外の軸と一緒に考える必要があるんだなぁ。

 

と軽い結論が出た所で今日は終わりにしようと思います。

 

現場からは以上です。

広告を非表示にする