読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

楽天市場内のSEOで思う事の補足と言うか続き。

先日、最近の楽天内SEOについてちょこっと思う事 なんて事を書いたんですけど、今回はそれの補足と言うか続きです。

そんな文章量は多くないです。

 

前回は、商品名とかキャッチコピーとか説明文ちゃんと書けよ的な話だったんですけども。

それだけで全てうまく行く訳じゃないです。

楽天市場特有の問題なんですけど、

レビューを集める。

と言う重要な命題があります。

 

まずは1件。

1件と0件だと結構な違いがあります。

1件付くだけでオープンしたての店舗でも少しは上の方に表示されます。
※検索ワードが2~3連語ですけど。

 

レビューの質を高める。

いくらレビューを集めても、 評価が低いと意味が無いです。

まずは★の平均で4.0以上

出来れば4.5以上あったら最高です。

 

これは運用レベルの話なのでSEOとは関係ないかと思われるかもしれないですけど、楽天市場としては、お店をしっかり運営している店舗、会社の商品が上位に来た方が楽天市場全体の評価、ブランド価値としても高まっていくので、ここはもう順位のためには意識して頑張った方がいいですね。

 

と言うか、SEOを対策と順位だけで考える時代はもうとっくに終わっていると思っています。

SEOを対策と順位だけで考える時代はもうとっくに終わっているんです。

 

大切な事なので2回言いました。

 

つまり、アクセス数の取れないキーワードで上がっても仕方ないので、どんなキーワードが売れるのか?って言う所から考えていく必要があるんです。

RMSは非常に見にくいですけど、アクセス分析とかを見ながら色々考えてみましょう。

 

以上の2点を意識して頑張れば、楽天内での順位は上がって来ます。

数か月に1回くらいのペースで起こる楽天内のアルゴリズム変動に必要以上に意識をするよりも、お客さんの事を見ていた方がいいですよ。

 

登録する全商品カテゴリーIDはしっかりと意識しつつ。

スマホページの見易さとかカテゴリーとか色々とあるけど、そこまで出来るお店はもうSEOとか関係なく頑張れるでしょうし。

 

と言う訳で、今日の楽天市場内SEOの話は以上です。

また何か思いついたら書きますね。

 

ちなみに、Yahoo!ショッピングはまたちょっと変な感じです。

自前の検索エンジンがあるんですけど、少しそれに近いです。

また機会があったら書こうかな。