読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

払い切りSEOの費用対効果とか

お久しぶりです。

元気ですか。

僕は風邪を引きました。

そしてSEO価格破壊もここまで来ましたか。

 

月額固定、成果報酬ときて、ついに払いきり。

一括で支払うSEOサービスとかが出てきたらしい。

一括ポッキリ払い切り価格のSEOサービスで安く仕上げまっせ

マジか。

それって、普通に1年契約の一括払いと何が違うの

 

内容は

SEOのレポートとコンサルティング1回払い切りの6万円

ただ、そこにオプションがかかります。

 

ウィルゲートのアナライズSEOサービス

  1. 内部対策の修正依頼書作成が10万円
  2. 外部対策診断レポートが1万円
  3. Googleアナリティクス代行設定が2万円

 

あれ、設定はGoogleウェブマスターツールじゃないの?

 

6万円で何をやってくれるんだろう。診断とレポートだけか。

それを見て自分達で対策出来るならいいなぁ。

 

あと、内部対策修正依頼書の内容でいくつか気になる点が。。。

CSS-Positioningの使用について

これペナルティ対策って書いてるけど、ひょっとしてステータスを-9999とかにして画面外にすっ飛ばしてるアレの事かしら。

 

SEO対象ページへのリンクの追加

これ。。。マジ?

重要度が★3つなの?

 

その他についてはそっとしておくとして。

 

上記の全部 をやるとすると19万円+税となるので、月3万円の半年契約とほぼ同額なので、安いSEO会社の金額とそんなに変わらないですね。

 

これ売れてるのかな。

確かに、総額でいくらになるか不安な人達がたくさんいるのであれば、ポッキリ価格表示が功を奏するのも理解出来るんだけどね。

 

なんていうか、楽天市場で生き残る店舗が二極化してるって話もあるし、日本全体で二極化の動きがあるので、SEO業界もしっかり二極化してきてるのかなって印象でした。

 

参照

オプション&料金 - SEO対策ならウィルゲート【アナライズSEO】

 

それじゃまた。

 

広告を非表示にする