読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEOのレベルが低い人ばかり応募してくるスパイラル

最近Web業界の色々な人と話をしてて思った話。

 

以前、SEO会社から人材が流出したり募集してる会社についての話をしたんですけど、それから1年近く経過して思ったのと違う動きがあったんですよね。

もっと色々と出てくるのかと思ったら、思ったほど。。。

レベルが低い。

これ1社2社の話しじゃなくて、SEO関連からWebマーケティング職とかインハウスも含めて幅広いところでSEOに関する知識を求めてる会社の人事とか現場の人に聞いてみての事なんですけど。

 

いわゆるSEO会社で2~3年と経験を積んだ方でも、所属する会社で提供しているSEOサービス自体のレベルがパンダやペンギンのアップデートの影響をモロに受けるタイプのそれと言う事で、内部対策のレベルが非常に低い。

 

せめてこの本の内容くらいは当然のように知っておいて欲しいところなんですが、各ページのヘッダー内のtitle、description、keywordsとかを変更する仕様書作成レベル。

 

ちょっと毛が生えるとフッターやサイドナビの内部リンクのテキストをキーワード込みに変えたり。 

 

正直そっち側を見てた人間からすると、仕方ない部分はあるにせよ、会社のそういうやり方に染まっちゃいけないと思うんですよ。

 

営業側は数字が全てなんでダメと言っても無茶な営業トークで夢を見させて受注する事もあるのでもう何とも言えませんけど。←

少なくとも内部対策を行う側の人間は世の中のSEOを含めたWebマーケティング全般の知識を入れつつ、社内で出来る範囲でサービス外の良い提案をしていったり、色々なセミナーに参加して同じような仕事をしている横の繋がりを作ったりしていって欲しいんですよ。

 

じゃないと、SEO会社で働いてるのに、SEO会社に転職出来ないなんていう事がもっと増えてしまう。

そんな人達が期待されてインハウスに行っても、期待はずれで「結局SEOって大した事無かったね」みたいに思われてしまうんじゃないかと。

 

しょうもないサービスを提供する旧SEO会社はまだまだあるけど、そこで働いてる人達までしょうもない人材になる事は無いんじゃないの。

 

僕も来年春くらいには採用をし始めるかもしれないんで、人事(ひとごと)でもいられないんですよね。

このまま行くと、SEO込みのWeb経歴年数だけじゃなくて、会社名で書類審査はじかれたりするようになるんじゃないの。

 

「あそこの会社がやってるサービスってアレだもの」

 

でも、そんなに選べるほどSEOが出来る人材がいないんで、結局面接してみないと分からないんですよね。

ちゃんとSEO分かる人材の市場価値が上がる事を願って。

 

とりあえず旧SEO会社内でくすぶってる人は早めにちゃんとしたWebマーケティング全般が出来る会社に移って将来に役立つ経験を積んだ方がいいんじゃないでしょうか。

 

SEOに限らず世の中にマッチしてないサービスを提供している会社で働き続けるのは自分のキャリアにおいてリスクでしかないんじゃないかと思います。

 

ちゃんとしたスキルを積まないと仕事が無くなっちゃう

 

いつか面接でお会いした時にはよろしくお願い致します。

ではまた。 

【参考】


SEO会社を辞めました。 - SEO日記 一喜一憂 (仮題)