SEO日記 一喜一憂 (仮題)

参考になるかならないかはアナタ次第です。Googleが好き。自社サイト、ネットショップとかのSEOコンサルとか広告運用とか。SEOはマーケティング。

SEO格差を感じる話

色々なところで格差が広がっていると言われる現代において、情報、年収、学力など生活や仕事に深く根差した部分での格差が無視できなくなってきている。

格差というよりは、ほぼ二極化と言ったほうがいいかもしれない。

間には大きくて深い谷がある。

f:id:kiku0429:20190301120438j:plain

谷底から見上げる明かり

日本では都市部と田舎で高齢者の割合による断絶も進んでいるし、格差なのか断絶なのか、せっかくインターネットでつながった世界だが、結果的に繋がらなくていいところが見えてきた結果、逆に分断され始めている。

 

その流れの一部であるだろうがSEOにもクッキリと差が出てきた。格差と言っていいレベルでの違いがある。

そんな話を数分で読み終わる感じで書いてみました。

 

この表現で正しく伝わるか懸念があるが、仮で格差の上と呼ぶ方は、新しい情報をキャッチアップ出来ていて、Googleの意向やこれから目指す世界を理解し、自らのビジネスに使えるように展開、落とし込んでいる。

正直、こんなブログを書いているしSEOサービスを提供している側として、自分もこちら側(でなくてはいけない)と認識している。

 

できる人にありがちだが、ここには

できる事=かんたんな事(出来なかった頃の自分を忘れる)

という現象がある。

 

知っている人たちが知らない人たちに対してできる事は対価を得て教える(コンサル、制作など)事か、ブログなどで情報を広く提供するだけである。

ただ、これも知らない側が必要な情報を能動的に(金銭の支払いや情報の検索)取りに行かないと得られないものだ。

 

ここで取り残されるのは

自分にどんな知識や情報が必要なのか分からない

という層であって、これが非常に多い。

ここを狙ってブラックなSEOサービスを提供する業者もまだまだ残っている。警鐘を鳴らすブログやニュースも多いが、それすら届かない。ましてや電話で「SEOを電話営業してくる会社はみんな詐欺ですよ!!」って言ってまわるなど、相手からしたら

(この中に1人の嘘つきがいます。A「Bさんが嘘を言っています」B「私は真実をいっています。」)

的な難問が残されるだけだ。

 

とにかく、この格差が埋まらない。

2012年ごろには「きっと2016年くらいにはブラックなSEOは滅亡しているだろう」と考えていたし、そうなって欲しいとも願っていたが、現実はそうなっていない。

 

僕も、できる限り業界の浄化に寄与したいと考えているが、先立つものは必要だし、まずは自分がちゃんと生きていくことを優先してしまうのはしょうがないよね。

 

そんな訳で、リアルに警察が出動するような犯罪ではないので、見えづらいが、まだそこにブラックSEOを提供している会社があり、その毒牙に苦しんでいる人もいるわけだ。

体感的に西新宿方面に集中している気がして、西新宿のSEO会社と言われるだけで一切のコミュニケーションを拒否したくなる

 

 

SEOはそんなに難しくないから、ぜひ自分から情報を取りに行って学んで騙されないで欲しいなぁ。。。

 

SEOで考える流入経路の割合予測というマーケティング

あけましておめでとうございます。

もう2月も後半に差し掛かってるのにバタバタしすぎて全くブログが手についてなかったワイやで。

SEOで考えるマーケティング手法

こんな感じでいかがでしょうか。

 

今日は昨年から話す事が増えて来た「SEOの割合」っていうテーマで(触りだけ)話してみようと思います。

 

SEOだけじゃないWebサイトの流入を把握する

 

というのも、ある程度の規模と期間運用しているWebサイトやメディアであれば、検索での流入経路や流入ドメインSNSからどんな反応があって入ってくるか、メルマガやダイレクトでの流入などなどが調べられると思うんです。

(もし分からないとなると運営者として致命的なので頑張りましょう)

 

んで。 

そういうのを事前に予測・予想してそこに寄せる形でコンテンツを考えていくというやり方です。

 

 色々なWebサイトを運営したり見たりキーワードを調べたりするSEOフリークの皆さんならばきっとご理解いただけると思うんですが、Webサイトをサラッと見ただけで

「あ、これは検索でこういうキーワードでこれくらい流入してるな」

SNSのフォロワー数がこれだけで、このジャンルならこれくらいは流入してくるな」

「コンテンツの質とカテゴリー状況から見ると、あのキーワードは落としてそうだな」

 

みたいな想像をパクっと出来ちゃうよね。出来るよね。出来るんです。きっと。

 

これが出来るとWebサイト立ち上げ期、拡大期、衰退期のどのタイミングでアサインされても、実現したい事とマーケティング的にできる事、やらないといけない事、やらない方がいい事、などなどが整理しやすくなって、プランニングもしやすくなるんですよ。

 

まとめ

  1. Webサイトのテーマは何か、メインのキーワードを考える。
  2. そこから付随するサブキーワードをマインドマップ的に書き出す。
  3. キーワードに優先順位を付ける。(コンテンツの量×質の順がいい)
  4. カテゴリーを考える。(新規の場合。改修だとちょっと難しい)
  5. 思いつく限りのコンテンツ(企画)を考えてカテゴリーの下に羅列。
  6. コンテンツのタイプがストックなのか、フローなのかを考える。
  7. 長期で見るとストック型はSEO、フローはSNSやダイレクトでの流入になる。

 

こんな感じでWebサイトを作るときの最初のゴールを定めて、大枠から骨組みに血肉となるコンテンツまでを作っていくと、幸せになれるんで、頑張ってください。

 

 

DVD買取の利根書店(プリマヴェーラ)はコンバージョン率がすごいんじゃないだろうか

SEOについて書いているつもりだったけど読み返したらSEO要素が薄い気がしている。後悔はしていない。

 

男のロマンが詰まったDVDや書籍、写真集に雑誌など、放っておくとどんどん増えていき1軍、2軍、3軍と出番の多さによってグループ分けしたとしても、処分するにも手間取るし、整理が難しい。思い入れもなにもないが、やはりダウンロードやストリーミングに移るべきなのか。。。

 

そんなモヤモヤを抱えて生きるなか、徐々に近づく年末、大掃除の文字が頭に浮かぶ。よし、断捨離だ! と一念発起して処分しようにも愛着やら色々なモノが詰まってしまい心苦しい。

 

メルカリで売るにもジャンル自体が禁止されていて、アダルト商品認定されてしまって出品すらできない。

 

ヤフオクなら可能性はあるが、若干過疎って。。。それに完全に自らのニッチな趣味に最適化されてしまった軍団から「保存に適さない」として放出されるようなグッズに、値段が付くなどということはあるのだろうか?

やはりまとめて処分か。。。不燃ごみかプラゴミの日に回収車が来る直前に出したい。

 

そんな時に宅配買取が便利です。(ようやく本題)

 

「DVD 買取」や「アダルト 買取」なんかで検索すると広告もたくさん出てきますが、Amaz◯nやブック◯フなんかにゃ目もくれず、ここは業界ナンバーワンである「利根書店」を運営するプリマヴェーラ一択でしょう。

 

よく更新されていて、サイト名検索も多いからかSEOも強い利根書店。買取のページをクリックすると運営会社のページが開きます。

 

アダルトDVD買取なら利根書店プリマヴェーラ

アダルトDVD買取なら利根書店プリマヴェーラ

 

利根書店がいかにすごいかはそれだけで2万字くらいのインタビューになってしまうので割愛しますが、一定年齢以上の世代には聖地と言っても過言ではない。過言ではない。

個人保管の難しさ(嫁ブロックならぬ嫁探偵)もあり、業界全体がすごい勢いでダウンロード&ストリーミングに移行していっており、TSUTAYA以上に危機感があるからか、とにかく至れり尽くせり。

まさかチャットボットで質問にも答えてくれるなんて。さらに電話番号、フォームで買取、LINEで査定ともうありとあらゆる手段で僕らの情熱を買い取ってくれる気がマンマンである。

 

今回は売ること自体は決意しているため、いきなり買取申込みスタート!

利根書店プリマヴェーラでのアダルトグッズ売却

利根書店(プリマヴェーラ)でのアダルトグッズ買取申込み

 

横目で気になりつつ、フォームを入力していくと。。。

 

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

 

利根書店(プリマヴェーラ)でアダルト買取申込み

利根書店(プリマヴェーラ)でアダルト買取申込み

あれ?

いつの間に裸エプロン

フォームに入力をしていくと徐々に脱いでいく脱衣麻雀スタイル?

なんというコンバージョンの高め方。

EC的に言うならカゴ落ち率の阻止力がハンパない。世の中の半分の人はそのままポチってしまいそうだ。

 

全ての項目を入力すると出てくる確認画面。

利根書店(プリマヴェーラ)でアダルト買取確認

利根書店(プリマヴェーラ)でアダルト買取確認

 

ここから先は貴兄がその目で直接確認していただきたい。

 

郵送買取の場合、自分で段ボールを用意してもいいし段ボールを送ってもらっても大丈夫だ。佐川急便のスタッフが送り届けてくれる。筆者は段ボールを2箱送ってもらった。

ちなみに筆者の自宅エリアは佐川の若い女性が担当のため、バレているのかどうかスリルを味わうプレイが発生するターンが2回訪れることとなる。

 

そして届いた段ボールがこちら。

利根書店の段ボール2箱

利根書店の段ボール2箱

 

ちなみに今回売却するDVDはこれ。

利根書店に買い取ってもらうDVDなど

利根書店に買い取ってもらうDVDなど

 

以前知り合いづてでDVD販売店が閉店すると聞いた時に、残ったリストから10数枚のDVDを処分価格で送ってと伝えたところ、なぜか50~60枚のDVDが届くという事件の証拠品である。

しかも選択した10数枚とジャンルが全くかぶらないという、完全にやっつけ処分やーつ。

誰のものか全く分からないAV女優のサインとかどうすりゃいいのよ。

 

そこに不要な書籍などをプラスして。。。 

これをまた佐川女子に引き取りに来てもらい、後日提示された買取金額は1,000円に満たないながらもまぁアリだなという金額。

 

ってことで、個人的コンバージョン率が100%だった。

 

ちなみに、普通の本やDVDはAmazonに買い取ってもらいましょう。プライム会員だと20%アップですよ。

 

 

 

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

Google先生が優先表示の枠に箇条書きスタイルを導入

こういう事例を調べる時にどんなキーワードで検索すればいいのか未だに迷う僕です。

Google 優先表示」とか「Google 表示枠」とか「Google オーガニック以外」みたいなのを順番に探しつつ、「ナレッジグラフ」でいいのかなぁとかフワフワしてます。

 

それはさておき。

たまたま「小説 ライティングアプリ」で検索をしたらこんな箇条書き表示スタイルが適用されていました。Google独自のコンテンツではなくライトノベル法研究所というWebサイトのコンテンツから「目次」を読んで来たようです。

 

f:id:kiku0429:20181113190919j:plain

 

ページを開くとこんな感じ。わかりやすい。

 

f:id:kiku0429:20181113191028j:plain

 

ついに目次が表示されるっていう事なので、検索結果から目的の情報があるページ内の「指定の場所」へ一気に飛ぶ(リンクからページ内遷移)ってことなので、昨今のとにかく文字数を増やしまくろうみたいな流れから観てもありがたいんじゃないでしょうか。

 

実際に表示された時にレイジーロードとかが適用されていたり、Adsense広告枠の表示がどうなるのかはまだ分からないんですけど、これでパケットも圧縮できてギガ泥棒が減ればいいなぁ。

 

 

最近は「もしかしてこれ?」の精度がダダ下がり、検索精度が悪くなっていると一部やSEO界隈で言われているGoogle先生には頑張ってほしいです。

 

最後に、周りで評判のいい本を紹介。

逆にそっち側の考え方とかを理解していると発想の幅が広がりそう。