SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEO担当者の役割分担が必要になってきている話とか働き方とか

タイトルに書いてある事で話の8割なんだけど、僕が色々なサイトやメディアのSEOを請けている中で顧客からの要望やGoogle先生の動向なんかを見ていると、担当者も役割分担が重要な時期になってるなーと感じたので、その話を少ししたいと思います。

 

f:id:kiku0429:20180217223512j:plain

(どんな野菜にも栄養素や味や形によって向き不向きがあるもんねって言ってる気がする)

 

あくまで体感と主観の話なので、そんなことないよっていう人もいるかもしれませんし、それこそフルスタックWebマーケターを目指すべきだろ的な意見ももちろんあると思います。

 

僕もフルスタックWebマーケターを目指したいなと思いつつ、自分のレイヤーを上げていくためには別の事に時間を使わないといけなかったり、餅は餅屋っていう言葉が頭の中をグルグル回っているので、まずは今の考えを整理してみます。

 

SEO担当がやってる仕事

まずこの話をするにはSEO担当がどんな仕事をやっているか?っていう前提があっての事なんですが、それこそ企業によって様々で、運営するサイトがメディアタイプの物であればシンプルに、どんなコンテンツをどう配置するか?っていうインバウンドマーケティングみたいな考えをベースに「コンテンツクリエイター」として考えていけばいいと思います。

一緒に仕事をするのはデザイナーやライターや編集者やフォトグラファーや最近では漫画家さん、動画制作なんかもあり得ます。

 

 

ユーザーからの登録やコンテンツの投稿があるCGM的メディア、ECサイト、プログラム的に自動生成されるページが増えていくサイト、 なんてところだと1つの修正が広範囲に影響を与える場合もあるので、エンジニアへの相談や事前の検討が欠かせませんし、HTMLやCSSはもちろん、Googleが提唱する構造化マークアップschema.orgについても理解が必要ですし、自動生成されたURLのコントロールやnoindexの使い方、robots.txt.htaccessなんかも見て当たり前となります。

 

 

そういう訳で、同じSEO担当でも少しやっている事が違う場合があるって理解してもらえれば。

 

SEO担当がやる仕事が横に広がってきた結果

 

徐々に流れが進んでいった結果、SEO担当が理解して手をかけなくてはいけない仕事の範囲も広く(深く)なってきました。つまり、それぞれの得意な人と不得意な人が出てきているのが現在だと僕は感じています。

この流れがさらに拡大していくと、確実にSEO担当は分担制が必要になっていくと思いますし、そうなるとますますそれができる人材の希少性も高まっていくと思っています。

 

そうなるとSEO担当の待遇(給料)も良くなっていくのだろうか? 一概には言えないかもしれません。

 

ライターや編集者、エンジニアなど一緒に仕事をしていた人達が、SEO担当の仕事のうちカンタンなスキルから順に覚えていくからです。

 

SEO担当者がコンテンツのベースとなる構成やキーワードなどを作り、それを元に1コンテンツを作っているだけだったライターや編集者は、その中身から自分にも出来そうな事を徐々に理解し、身につけていきます。

1コンテンツだけに向き合っていた人達が、どんなコンテンツだと検索されやすいのか、どんな反応があるのかを学び、メディア全体の事を理解していって、というイメージでしょうか。

 

エンジニアも、1つ聞いたら同じことを繰り返し反映させていく能力は高いはずなので、Google先生の意向となぜそれをやるのか? という理由をしっかり説明すれば、ページスピードを意識したコーディングやjsの設定を意識したり、ユーザーからアップロードされた画像が自動て圧縮されるようにしたり、パンくずリストやページタイトル、ディスクリプションなんかを言わなくてもいい感じに設定してくれたりします。(それでも編集は必要でしょうが)

 

まとめ

SEOにしろなんにしろ、自分の仕事が今現在のまま今後もあり続けるという考えは完全なるファンタジーなので、役割分担が必要になろうがフルスタックだろうが、生き残れる方向(自分の得意分野で世の中から不要とされない)にスキルを伸ばしていくしかないんだなって事を思いました。

がんばろう。

 

なんか前提をすっ飛ばした結論に落ち着いちゃったけど。。。

 

 

Webメディアも雑誌のような縮小する未来が待っている気がする

このブログのトップ画とかデザインとかもう少しマシなものに変更しようかなとか思ってたりします。まだ思ってるだけです。

 そして同じく最近思っているのが、タイトルの通りWebメディアも雑誌のように縮小する未来が近づいてきているんじゃないか?って事なんですよね。

 

f:id:kiku0429:20180205221245j:plain

(思っているだけでゴロゴロしているイメージ。ゆかちぃかわいい)

 

雑誌も需要が無いわけじゃないんだけど、1つのジャンルで複数の雑誌が存在していたのが、徐々に1ジャンル1雑誌という1強多弱という状況になってきて、その上で発行部数が減っていて。

これだけニュースで雑誌が売れないって言われてると買う方もテンションが下がりますよね。

そんな現在でまだ売れている雑誌というのは、魅力的な付録が付いているか、まとめ記事のような総集編というか網羅的に「これを読めば必要な情報の全てが手に入る」って思われている雑誌だけなんですよね。

まぁこれがブランディングって事なんですけど。

 

これと同じことがどんどんWebメディアの世界でも起こっているんですよ。特にエンタメ系のメディアが顕著で話を聞いていると自主メディアとして展開していたのが広告記事が入らず、Webメディアの受託制作で日銭を稼いでいたりします。

ただジリ貧のWebメディアってどこもSEOを軽視したのか知見が無いのか、SNSでのシェアやバズ狙いが多く、丁寧に積み重ねていくと言う視点に欠けがち。

なのでブランディングも弱くSEOも弱く、勢いが落ち着くとPVも陰り始めてしまうデフレスパイラル

 

そんなメディアを吸収合併するにも、コンテンツの移行はできてもリンクシュースまで301リダイレクトで移行させるのはめんどくさいし、それに耐えうるコンテンツの質と量はどれだけあるの?と考えていくと、丸ごとM&Aくらいしか生き残る道も無く、あれだけたくさんあったコンテンツの行く末には暗雲しかたちこめておりません。

 

状況が状況なので、そこから時間をかけてSEOに注力する余力も資金も残っていないので受託で日銭を稼ぎながら、徐々に死んでいくメディアをこれからも見かける事でしょう。

 

自分のメディアがどこか特定のジャンル、切り口で1位になっているか? 強い差別化ポイントがあるのか? という視点で考えていかないと、すぐに取り返しのつかない状況に陥ってしまいそう。

 

SEOは早いタイミングで効果的な手法で積み重ねていくところが最も強くなる可能性が高いので、もし余力がある人はそういう事も考えてみた方がいいかと思います。

 

誰に対して言ってるとかじゃないんだけどね。

 

 

モバイル(スマホ)の表示速度(ページスピード)がまた重要になったようです。

昨晩、寝ようと布団に入ってから、南海キャンディーズ山里亮太の不毛な議論を聴きながら、ボーッとTwitterを見ていたら、SEOの神様がこんなつぶやきをして、TL内の有用な議論を食い入るように見ながら色々と考えていたら、朝でした。

 

f:id:kiku0429:20180118110849p:plain

 

以下に神様のツイートを4つ埋め込んでますので詳細はそちらやGoogle先生の方をご確認いただくとして、ざっくり説明すると、ページ表示速度はPCについてだけ特に遅いサイトが順位マイナス評価を受けていたけど、2018年7月以降はモバイル(スマホ)検索にも影響するようになったということのようです。

 

 

 

 

 

 

目的は(Googleで検索した際の)ユーザーエクスペリエンスの向上ですが、ページスピードが速いサイトを優遇するよりは、遅いサイトが落ちていく、という評価基準については特に違いがない模様。

 

その後、こんなツイートも。

 

ページスピードは重要だけど、そこまでナーバスに、シビアに考えるほどは重要じゃないって判断でいいのかな。ただ、何かしらの目的があるサイトや、より若年層がターゲットだったり、ガッツリ調べるより「ながら見」の人が多いサイトはちゃんと考えていかないと、コンバージョンに大きな差が出るのは各社各サイトで実例が出ているで、個人的には、速いに越したことは無いという考えでいこうと思います。

 

 

昨年くらいからSEOの書籍も割としっかり書かれている本が増えたなと感じつつ、初心者向けと本格向けの二極化してきている印象です。入門ではどんな事を書いているのかな、ちょっと買ってみようかな、と。でも本格講座も気になる。この株式会社セブンアイズの瀧内賢さんってどんな人なんだろ。

 

いちばん雑で新しくないSEOの教本

なんかさ、色々な人からSEOの相談を受けたりするんだけど、だいたいいつも同じような事ばっかり話してるし、あくまで「相談」だからお金を払う意志も無いみたいだし、仕事にはならないし、でも時間は削られるし、そんなん相手してられるかいみたいな気持ちも込めて、とりあえず、せめてここに書いてる理解してから相談してきて的な意図も込めたり込めなかったり。

f:id:kiku0429:20180116111512p:plain

それでも色々な制約で外注できない人が多いんだろうなぁ。。。

 

とりあえず、細かいところはググっていただくことを願いつつ。

 

1.Googleの各サービスに登録。

サーチコンソール(サチコ)、アナリティクス、場合によってはタグマネージャーとか登録して、サイトのヘッダー内に確認コードを突っ込んだりして認識させてください。

 

管理したいページがどのくらいアクセスされてるとか、どんな人がどんなキーワードで検索してどのページが見られてるとか、なんかそういうのが丸っと分かるもので、やらかした時にGoogle先生からの連絡が来るのもサチコなので、これに登録してないとか、したくないとか、分からないとか、その時点でもう終了です。

ブラウザそっ閉じで。プロに相談しましょう。

 

2.サイトマップを送る。

 サイトマップxml 形式のファイルで「Google サイトマップ」とかでググればすぐ出てくるのでググりましょう。これを送る事はザックリ言うと検索エンジン側にうちのサイトにはこういうページがありますよってのを伝えるためのものです。

これやらないと、検索エンジンからしたら、評価のしようがないのです。

 

3.サイトのページはたくさん作る

何か特定の情報を調べている人にとって、5ページしかないサイトよりも50ページあるサイトの方が、関連する情報が調べられて良いサイト(のはず)です。

今年も改訂された広辞苑がどんどんページ数が多くなっているのも、たくさんの情報がある事がメリットだからです。ただ、今年の広辞苑はページ数が140ページくらい増えているのに、厚さは変わっていないらしく、そういう意味でUX的な観点からもステキやんってなります。

あとUX的にもSEO的にも表示スピードを速くするのはむっちゃ大事やんってアメリカから来た鯨理って言うかわいいおっちゃんが言ってました。

 

4.内容をまとめて整える

そのサイトは誰のためのサイトなの?って考えて、それを知りたい人にとって効果的なカテゴリーを考えましょう。僕の大好きなスパゲッティで考えると、こんな感じになります。

f:id:kiku0429:20180116164855j:plain

 

スパゲッティのサイトを作って、その中に各メニューのカテゴリーを作ります。さらに各メニューの下に、作り方や美味しいお店なんかを記載する事で、メニューを軸としたスパゲッティ情報サイトが作れます。

作り方については、自宅で料理をする方向け(女性が多そうな予感?)、美味しいお店は食べに行きたい人で、男女ともにありそう。あとここは食べに行こうと思ったけど家でもあの名店の味を再現できるんじゃね?とか作ろうと思ったけど近くに美味しいお店あるんだねーとか、回遊も狙ったりしてます。

ウンチクコラムで文字数や共起とかSEO狙い感も出しつつ、Instagramに投稿された画像をサイト独自ハッシュタグで拾って一覧表示させてテンションを高めたり。

 

みたいな事を、自分で作りたいサイトでやりましょう、というお話です。

 

5.全ページのタイトル、ディスクリプションを整える

サイトにあるページというのは、全てがランディングページと認識すること。検索エンジンで何らかを知ろうとしている人にとって、あなたのサイト内で最初に見たページは、その人にとって必要なページになってるか?を考えます。

そのために、ページ内の内容にマッチしたタイトルとディスクリプション(概要説明)を意識して作ります。間違っても検索エンジンを意識した文章にしちゃいけません。

 

検索エンジンを使って何かを探している人を意識したページを作り、その内容をまとめるのがタイトルとディスクリプションなのです。それが真理なのです。

 

 

6.心を整える

コンテンツをたくさん作れば順位が上がるもんでもありません。良かれと思ってやった施策が失敗することもあります。競合サイトだってがんばっています。順位なんて毎日上下動します。Google先生は気まぐれです。単純に見えてそうでもありません。でもブレません。信じるのです。自分のお客さんのことを見続けるのです。考え続けるのです。コンテンツを投下し続けるのです。

続けるのです。

絶対に当たる雨乞いは、雨が降るまで祈ったから絶対なのです。

一喜一憂してはなりません。

続けるのです。

求めよ、さらば与えられん。

 

f:id:kiku0429:20180116170039p:plain

 

諸説あり

 

がんばってダメならお布施してプロに相談しよう。