読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEO会社の現状と人材募集とか流出とかの話 その1

SEO会社から転職したので、外からSEO会社を見る事になった僕です。

これからはインハウスでSEOをやる事になったので、それも書いていこうかと思います。

 

SEOだけでなくWeb周りは全部管轄させてもらえるので、今までやってた経験が全部活かせるぞーいって感じです。

色々とバタバタしたせいで放置気味になっちゃった訳ですが、元気です。

 

で、今回転職をするにあたって色々なSEO会社さんの話を聞きに行ってきました。

採用もらっても入社する意志の全くない会社については募集要項をプリントアウトしてもらいつつ、会社の方針や欲しい人材について、エージェントさんから忌憚なき意見を頂いてきました。

 

その辺を守秘義務に違反しない範囲で軽く書いてみます。

※長くなったんでその辺はその2に書きます。

 

現在のSEO業界の状況

非常によくないです。

何がよくないって、今までの楽なやり方がほぼ通用しなくなってきているので売上も利益率も悪化しています。

日本のSEOは某東証一部上場の大企業の影響もあって、本来の物からかけ離れたサービスとして広まってしまったと言う残念な環境なのは皆様の知るところではあると思いますが、その頃に「あれ?SEOって簡単じゃね?」って思った人達が雨後の筍のように新しいSEO会社を作っていきました。

リンクを張るだけのSEOにちょこっと別の視点を加えただけのサービスで、電話営業と言うスタイルのためバシバシ競争激化です。

 

現在は単価が月額5000円~30000円で、半年、1年、2年契約と言った物が主流のようです。

サービスはリンク設置(外部対策)+内部対策。

 

リンク設置は機械的に出来るシステムを持ってる会社は強く、そこのサービスを卸してもらって営業だけを行ってる会社は利益率がどんどん悪化しています。

 

ただ、リンク設置が非常に危険な現在ではこの辺のグループ丸ごとがビジネスモデルとして破綻しかけている状況です。

 

やばい、このペースで書くとめっちゃ長文になるから端折って書こう。

 

そんな訳で、技術力が弱くて営業力(電話のみ)に特化してた日本のSEO会社のほぼ9割は、軒並み業態転換を迫られるという環境になりました。

 

SEO会社が売り上げの柱に考えたサービス

まぁ、真っ先にあげられるのがスマホアプリ制作です。

でも、完全にレッドオーシャンな市場でグリー様やKlab様までもが不安定な営業数字に終始する現在、ポッと出のSEO会社にそんな大役は務まりません。

アプリ販売って売り切りならいいけどOSバージョンアップとかバグ対応とかでずーっと対応しないといけないし、Android端末なんてテスト環境何パターンだよ!って話でむっちゃ人件費かかります。

 

その辺がわかってない会社も多い中、技術力もある某Ⅴ社や某SP社のこれからの健闘具合が気になりつつ、生暖かい目でチラ見していこうと思います。

SP社様のソシャゲに関しては分からないけど。

 

 

そして別の会社はここ3年くらいで拡大したネットショップ、ショッピングモール内でのSEO対策に活路を見出そうとしていきました。

楽天市場で約40000店舗

Yahoo!ショッピングで20000店舗

その他は規模が小さすぎるし、AmazonはそもそもSEO出来ないし。

 

通常のSEOと比べて市場規模が非常に小さい点は否めない中、現在ですでに10社以上が参入しており、ウルトラレッドオーシャンです。

Yahoo!ショッピングはこれから来年にかけて80000店舗くらいまで増えそうだけど、通常で検索すると売れている順となり、キーワードの適合順が後回し。

SEOに不向き。

 

楽天市場は、現在RMSパートナーと言う制度を推進していて、審査をして登録する会社を募っています。http://partner.rakuten.co.jp/ichiba/

楽天ビジネスがうまくいってなくて、契約社数がここ2年くらい右肩下がりなのは関係あるのか無いのか?

これが成立したら、恐らくSEOお馴染みのクレームが楽天に吸い上げられておかしな会社はドシドシ切られていくんじゃないでしょうか。

それでRMSパートナー以外の会社は非常に営業しにくい環境にしていき、店舗が不要なお金を外に出さずに、楽天圏にお金を落とすように誘導していくと思う。

 

つまり、ネットショップ系でのSEOも、それだけで成立するのは非常に難しい環境になっていくかと。

 

BASEやSTORES.jpに出店してる店舗にGMOのFind-Aさんや、セルクルって会社からも結構電話かかってきてますが、相当きついんじゃないでしょうか。

 

そして、Webコンサル系にもジワジワと来ています。

ここはまだ調査段階なんだけど、これによりエセコンサルがまた増えるのかと思うと、非常に憂鬱なところでございます。

これ以上おかしな情報を世間一般に人海戦術で広めていくのは勘弁していただきたい。

 

とりあえずそういった会社から営業や施策と言うかデータ入力をしてたスタッフ、社員が環境悪化に伴って退職しつつ、別業務のための(SEOも分かって他の知見もある)人材を募集してる流れでございます。 

長くなったから、実際の募集人材とか人材流出については、その2で!

 

僕はこう思う

電話営業でサービス売っていく人達を撃退するシステムを、月額3000円くらいで電話営業で販売した方が売上がすごい上がっていくんじゃないでしょうか。←

 

迷惑電話・営業電話を自動で着信拒否(迷惑電話フィルタ) トビラフォン | for Business

迷惑電話・営業電話を自動で着信拒否(迷惑電話フィルタ) トビラフォン

 

f:id:kiku0429:20131127132858p:plain

 

あ、電話営業を来なくする100の方法って言う情報商材も売れる気がしますが、僕は作るつもりがないんで、作りたい人は作ってみたらいいんじゃないでしょうか。

見つけたらブログに書きたいので、ネタ提供よろしくお願いします。