読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

リンク売ってた会社がペナルティ解除サービスを売る事について思う事

SEOの未来 ブラックSEO ペナルティ 旧SEO

リンクを売ってる会社の関連会社がリンク削除、ペナルティ解除で大きなお金を取ろうとしてると話題のSEO界隈です。←

うまい事考えたなぁーって思ったんで、思った事を書いてみます。

なんで被リンクを付けたらダメかなんてのはみんな知ってる事だと思うんで端折ります。

 

リンク削除とペナルティ解除について

Googleからのペナルティって

手動ペナルティとか警告とか色々あるけど、リンク削除、ペナルティ解除となると今まで付けたリンクをほとんど削除しないといけないです。

 

リンク元に削除依頼 ⇒ 7割くらい削除出来たら、再審査リクエスト ⇒ 一発でOKなら解除されるけど、一発でいく事は稀なので何回か繰り返す

で、プロでも1か月~3か月くらいかかるって話をよく聞きます。

サイトの状況とGoogleの審査時間によるところが大きいけど、ちゃんと削除出来ればスムーズにいって1か月くらいかな。。。?

 

そんな訳で、素人の方が頑張ると、まずリンクを削除するのにむっちゃ時間かかります。

【付けた被リンクを削除してくれない理由】

  1. 削除依頼をしてもなんだかんだ理由を付けて対応してもらえない。何故ならお金にならないから。
  2. 業者が削除しようとしても機械的に作ったネットワークなら出来るが、ブロガーネットワークとかを使っていた場合、連絡が取れなかったり断られたりして業者でも削除できない場合がある。
  3. リンクの代理販売をしていた営業会社の場合、リンクOEM元に依頼する事になるが、そこにお金が発生する場合があって、訴訟になるとか、弁護士経由で内容証明が届くとか、余程の事が無い限り無視される。
  4. レベルが低いSEO業者だと手作業でディレクトリーサービスに登録していたり、削除できないディレクトリに登録してたりして、本当にもう何にもできない。

 

こんな感じかなぁ。

 

で、リンクを削除依頼しても対応してくれなかったり、連絡取れなかったり、削除にお金を取る業者は悪徳業者ですって事で、Google先生に再審査リクエストをする時や、リンク無効化の依頼をする時に

会社URL、サービス名、電話番号、リンク設置型SEOサービスを受けた期間、現在状況などなど

を記載して送ります。

 

で、そんな情報がGoogle先生には蓄積されているようで、最近は名指しレベルのスパム叩きが行われて、それで困った旧SEO会社が別の道を探してる。

 

で、ようやく本題ですが。

 

リンクを付けていた旧SEO会社の立場と対応

付けていたのに削除に対応しないと、Google先生に怒られたり、ユーザーからのクレーム対応に人件費がかかったり、悪い噂が広まったり、Yahoo知恵袋に書かれたり、2ちゃんねるに書かれたり、OKwave(オウケイウェイブ)に書かれたり、教えてGooに書かれたり、それを法務部が見つけては削除依頼をしたり、とにかく会社にとってマイナスだ。

 

でも被リンク削除の作業には時間もお金(人件費等)もかかる。

だけどお客さんからお金取ると怒られる。

 

そこで出てきた方法が

【リンクを頑張って削除したけどこれ以上は無理です。】

もしくは

【うちで付けたリンクは全て消しました。残っているのは他社の物です!】

と突っぱねる系。

なんじゃなかろうかと。

 

なんでこれが通用するかと言うと、ほとんどの人がSEOを2回以上やってるから、他の会社だと言われたらそうなのかって事になるし、他社じゃないと証明も難しいし、どこも似たような事をやってる会社ばかりですし。

よく、詐欺に引っかかる人は何度も引っかかる。なんて言いますけど、そんなノリで一度SEOをやった方は何度SEOで失敗しても、またやってしまうんですね。

※営業トークの問題もある。

 

さらに、リンクを誰が付けたかなんて、証明しようがないんですよね。

厳密に言うと、そういうSEO会社と契約したキーワードそのままのアンカーテキストのリンクで、時期も契約した直後とかだと状況証拠的にほぼ黒なんですが、これを証明するとなると非常に難しいし、ほぼ無理と言っていいレベル。

 

で、そこまで言った上で

うちでは出来ませんが、関連会社でリンク削除を専門に行っている会社がありまして。。。的な営業トークで、関連会社のSEO商材を提案しているんじゃないだろうか。

 

これは想像ですけど。

顧客対応の部署でクレームを受けて、なんとか説得して関連会社の検索エンジンペナルティ解除支援サービスとかを売れば、そこでもインセンティブが発生するとか。

 

そうすると、グループ全体でお金を稼げてるし、各営業マンも販売した人間と、関連会社の人間と、両方の実績になるし。

ありそうだなー。

SEO会社あるあるの、インセンティブの折半。

 

でも、ペナルティ解除を本気でやりたいのであれば、リンク付けていた会社が提供するリンク削除サービスは、止めておいた方がいいと思います。

 

だって

ちゃんとしたSEOをやってる会社だったら、リンク付けないし。

もしリンク付けててもちゃんと削除してくれるし、削除できないとか言い出さないし。

代わりに関連会社のサービスの話をしてくるのであれば、サービスの質も同程度と考えた方がいいじゃないだろうか。

 

だからお金をかけるのであれば、ちゃんとしたSEO会社の、ペナルティ解除をやってくれる会社を探した方がいいと思います。

 

どこかお勧め出来るペナルティ解除の会社を見つけたいなー。

 

最後にペナルティ解除サービスのこれから(妄想)

でもこういう被リンクを削除してのペナルティ解除って、どんどん解除していったら市場が早い段階で無くなるので、期間限定のサービスですよね。

よくて来年中、早ければ今年いっぱいくらいで落ち着くかな?

 

それまでの間に旧SEO会社は次の売れる商材を探し、社員は流出し、人は育たず、40代以上の管理職と新卒社員だけと言う某業界みたいな枯れた会社になっていくような。。。僕の妄想です。

 

別件ですが、SEOが売れない会社の結構な数が利益率と言う餌を眼前にぶら下げられて、ネット広告・アドネットワーク方面のスマホ向けに面舵を切って向かっている感じがヒシヒシと伝わってきますが、ここはすでにGoogle大先生やマイクロアドと言う巨人が進撃しており、さらにYahoo!も爆速で艦隊を進める中々のレッドオーシャン。。。

 

と、これから始まる巨人同士の大激戦の隙間で必死に商材を探すSEO企業がどんな戦いをするのか楽しみにしつつ最前列でポテチとコーラを両手に観戦していきたいと思います。

 

本年も面白い戦いをよろしくお願い申し上げます。