読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

検索結果画面(SERPs)がリストカルーセルでさらにリッチに

SEOの未来 キーワード

検索結果画面(SERPs)がどんどんリッチになってきてます。

リストカルーセルでイベント情報がたくさん見られるようになりました。

「イベントを探す」という行為が特定のイベントサイトのトップページから探すのではなく、Googleである程度絞ってから特定の下層ページにアクセスするという、中抜きと感じるイベントサイトは多そうです。

 

世界中の情報を整理して届けられるようにするGoogle先生から見たら当然なのかもしれませんが、単純な情報のみが必要な場合はこんな事がもっと増えていくんだろうなぁ。

いわゆる情報を集めただけの「ポータルサイト」のトップページはGoogleと競合していくような気がします。ますます分散型メディア化が進みそう。

 

検索クエリ【 イベント 東京 】

「イベント東京」の検索結果画面がリッチに

 

もういきなりですが、Googleマップとかの地図よりも上にどかんとイベントのリストが表示されちゃいます。

このリストの中からどれかをクリックしてみましょう。

左上の ahlberg, ek & roswall の項目をクリックすると。。。

 

検索クエリ【 ahlberg, ek & roswall, 東京都, 12月16日 】の検索結果ページに遷移します。

「イベント東京」のSERPsがリッチに

 

上部のイベント一覧はまだキープ。

しかもこのエリア、ドラッグして左右にスクロールしちゃいます。

 

合計で32件のイベントを表示。

この情報はどこから集めて来てるんだろう?

レッツエンジョイやウォーカープラスじゃないみたいだし、イープラスやチケットぴあ、各事務所にブルーノート東京フィルハーモニー交響楽団と、バラバラ。。。

 

イベント情報を勝手にクローラーが集めて表示しているのかも。

 

Webからリアルへの人の流れは増えているので、Google先生もこの流れにちゃんと乗って行くんですね。

イベント情報を公開するときは、「アーティスト名 都道府県 日付」をちゃんと様式にそって設定して、掲載されるように祈りつながら公開していきたい。

 

 

今オススメのSEO本はこれ