読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO日記 一喜一憂 (仮題)

SEOのエンジニアとかコンサル等。Google、Yahoo、自社サイト、SEM、ネットショップとか何でも来い。SEOはマーケティング。

SEO業者がNAVERまとめを作ってる件について

ブラック寄りだったSEO業者がGoogle先生の対応により商売あがったりで、なんとかしなきゃ。。。って言うのがここ数カ月続いている今日この頃。

いかがお過ごしですか。

 

そんな業者がどんな方向に進んでるかちょっと調べてるところであります。

と言う訳で今回はNAVERまとめについて。

 

NAVERまとめのSEO効果ですけど、僕も個人的に後発組ながら、1年以上に渡ってまとめを作っている身として、SEOの観点からのNAVERまとめについて思う所を書いてみようと思う。

 

NAVERまとめのSEO利用について

昨年はとにかくNAVERまとめがブームと言うべき状況で、インセンティブが付くようになってからワラワラと個人が集まり始め、たくさんのまとめが乱立し、そうしてるうちに検索結果にたくさんまとめが出てくるようになってきました。

 

そこに目を付けたのがブラックSEOをやってるような被リンク業者

【〇〇リンク集】って言うようなまとめをたくさん作り始めてました。モロですね。これ見た時は本当に頭が悪いのかと思いましたよ。

その後NAVER改め株式会社LINEが直々に宣言して、SEO効果を狙った被リンクを集めるための業者と思われるアカウントについては順次アカウント削除を行うと言い、実際にどんどん削除されていきました。

 

それが今年の2月くらいからのお話

 

NAVERまとめのページランクが下落?

その後、今年の春くらいだと思うんですけど、NAVERまとめのページランクが大きく下げられました。

その構成とか仕組み上、今までのアルゴリズムだと

  • 更新頻度が多くなりやすい
  • 拡散され易い
  • SNSからの被リンクが集まり易い(TwitterFacebookはてブ

と言った部分が評価が高まり易かったのか、結構な数のまとめが検索結果の1ページ目に大量出現。

自分が作っていたまとめでも、作ってから7~8カ月程でページランクが4まで上がった物がありました。

しかし4から2に下がりました。

これは突然下がったのか4⇒3⇒2と段階を追って下がったのか、チェックのタイミングが開いてて正確には分からず。。。

ただ、検索結果の順位的には特に下がっておりません。

むしろ上がり続けて、作成したうちの1つのまとめは、ビッグワードで1位を獲得してました。

 

SEO業者の動向

その間も、SEO業者はいつか販売するリンクの為にか、分からないようにまとめを作って育てていたようですが、以前はリンクしてからすぐに順位向上が見られたのが、そうでも無くなってきました。

最近は以前のような露骨な【〇〇リンク集】何て言うまとめはほとんど見なくなりましたが、1つ1つのまとめが、内容量が多くない物が増えているのでとにかく数を作る作戦なんでしょうか。

 

NAVER(株式会社LINE)側の対応

そんなSEO会社に対して、インセンティブを出してる側のNAVER(LINE)としては黙っている訳も無く、順次対応を強化していきます。

今年の夏前後からは、アフィリエイト目的で使っているユーザー(アマゾンや楽天市場iPhoneアプリ等)に対しても、対応を強化しています。

※現在は画像投稿やリンクで、アフィリエイトリンクを入れると弾かれるようになっています。

SEO業者の中にはコンテンツを作るため&お小遣いを稼ぐためにこういう事をしていたアカウントがあったとか。。。?

 

また、瞬間的にアクセスが集まるニュース的なまとめよりも、長期間に渡ってPVを集め続けられるまとめの方が高く評価されるようになりました。

さらに、すでにヒットしているまとめを後追いする行為も禁止としました。

これにより便乗してのアクセス集めがほぼ不可能に。

 

つまり新しくまとめを作っても、しっかり情報を追記していったり内容を厚くした上で、SNS等で拡散されて実際にアクセスが集まるようなまとめでないと、NAVERからもGoogleからも評価されにくくなっている状況が出来上がっています。

 

NAVERまとめがYahoo!の検索と提携

2013年3月28日、このニュースが出てから状況はちょっと変わりました。

Yahoo!で検索するとNAVERまとめが上に表示されるらしい」

って言うよくある間違った解釈が広がって、NAVERまとめを作るSEO業者さんがドシドシ増えてきました。

それに従って非表示になるまとめも増えております。

 

 

SEO業者がリンクとして付ける場合、某GM〇だとネットショップ系が多かったり、士業や歯医者、地名を絡めたキーワード(【不動産 博多】とか)って言う定番の所が多いんですけど、まさにそんな感じのまとめが増えています。

※でもアクセス集まらないから、大体は数百止まり。。。

 

以上を総合しての新しい傾向としては。

  • まとめ内にランディングページへのリンクがあるとそれだけが非表示になる場合がある。
  • 1つのまとめ内で複数個、同じドメイン向けの物があると非表示になる場合がある。
  • アダルト方面はほぼ不可
  • まとめを作るとすぐにNAVERクローラー?が回ってフラグが立つと人間の目が入るようだ。(多分)
  • 作りっぱなしのまとめはどんどん評価が下がるので、人の手で育てる必要あり
  • 人のマネじゃなくオリジナルな「まとめ」を作る必要がある。

 

と言うところだと思います。

ほぼ、Google先生が言いたい事と同じ気が。。。w

 

まとめ

SEOに使うためには、【本当にいいまとめ】にリンクしてもらう必要があります。

【本当にいいまとめ】は【本当に価値のあるコンテンツ】をまとめています。

 

なので、やっぱりSEO的にもNAVERまとめ的にも、【本当に価値のあるコンテンツ】を作っていく必要があるよね。

って言う結論になりました。

 

変なSEO業者の営業電話に騙されて、変なまとめ作っても、リンクとしてのマイナスは無いと思うけど(まとめが削除される可能性あるけど)お金をかける価値はあるのかな?と考えてみましょう。

 

P.S

このペースだと、年末年始くらいか年明けにも全リンクにnofollowが付くんじゃないかなぁ。。。

と予想してみます。

seo-sem.hatenablog.com

 

2015年NAVERまとめ全体で順位下落中

 

広告を非表示にする